わたしたちの考え方

伝えるを、全力で。

お客さまの心をつかむために、大切なことは何でしょう?
商品力?価格競争力?人材力?
・・・もちろんすべて重要ですが、それらをどんなに磨いても
その魅力(価値)が、お客さまに「伝わらなければ」意味がありません。

誰もが指先ひとつで世界とつながる今、
改めて問われているのは「情報発信力」。さらに言えば、
情報の「伝え方をデザインする力」ではないでしょうか。
大切なお客さまに「何を、どんなカタチで、どのように」お伝えするか─。

わたしたちは、あなたのパートナーとして寄り添いながら、
「想い」を「成果につなげる」ことにとことんこだわった
「伝えるデザイン」を追求することで、
あなたのお役に立ちたいと願っています。

■私たちが目指す方向性

『トリプルメディア・マーケティング』
―総合的な観点で、『伝え方』そのものを設計・制作します。-

ITの普及によって、情報の流れ方が劇的に変わった今、テレビCMやチラシ、雑誌広告など、従来の広告手法に依存していては、なかなか成果が上がらない現実があります。

そこで、消費者と企業をつなぐすべての接点や仕組みを『メディア』としてとらえ直し、それらをマーケティングに活用しやすいよう、役割に応じて3つに分類ししたものが「トリプルメディア」です。

【トリプルメディア・マーケティングの流れ】

トリプルメディア

【各メディアの特徴】

①ペイドメディア [Paid Media]

「ペイド」は「お金を払った」という意味で、その名の通り、お金を払って利用できるメディアのことです。
テレビやラジオCMや、新聞・雑誌広告など従来からあるマスメディアや、インターネット広告などがあげられます。

[メリット]
  • 狙ったタイミングで、広く消費者にメッセージを届けられる
[デメリット]
  • (比較的)高額な予算が必要
  • 広告の面積および時間・(掲載)期間に制限がある
②アーンドメディア [Earned Media]

「アーンド」は、「稼ぐ」や「獲得する」という意味。
ツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアを使って消費者の口コミを喚起し「共感」や「信頼」を獲得するメディアのことを指します。

[メリット]
  • 無料もしくは比較的安価で利用できる
  • 情報が伝わるスピードが早い
  • 消費者発信のメッセージであるため信頼されやすい
[デメリット]
  • 消費者の「口コミ」で伝わるため、企業が情報の発生や流れ方をコントロールできない
③オウンドメディア [Owned Media]

「オウンド」は「所有された」という意味。
企業に所有されたメディア=「自社所有のメディア」のことを指します。
自社のWEBサイトやパンフレット、メールマガジンなどがあてはまります。

[メリット]
  • 内容やボリュームも含めてコンテンツを自由に作ることができる
  • 先2つのメディアで伝え切れなかった情報を補い、消費者から信用を獲得することができる
[デメリット]
  • 短期間で不特定多数に訴求するのが難しい

トリプルメディア・マーケティングの基本的な流れとしては、

▼ペイドメディアで多くの消費者に「認知」させ
▼アーンドメディアで「共感」を得て
▼オウンドメディアに誘導し、消費者との「信頼関係」を築きます。

それぞれに役割が異なる3つのメディアの強み・弱みをきちんと把握して、いかに上図のサイクルを循環させるかが、これからのマーケティングの課題といえます。

ビー・クスでは、1つのメディアに偏るのではなく、プロモーション全体を見渡した上でこれら3つのメディアを活用し、『伝える仕組み』そのものまでをデザインすることを目指します。

ViEX RECRUIT 2018